ストレス性便秘の仕組み

【スポンサードリンク】

ストレス性便秘になるメカニズム(しくみ)はいったい・・

ストレスが胃や腸といった消化器官の働きに影響を与えることは、今ではだいぶ認知されてきました。

 

ですが、どうしてそんなにストレスの影響を受けるのか、ストレス性便秘になってしまうしくみを見てみましょう。

 

実は密接につながっている!腸と脳の意外な関係

 

人の体の司令塔といえば、脳です。脳は、人の感情やストレスなどを敏感にキャッチして、体にさまざまな指令を出す『考える臓器』ですが、実はこの脳の支配から逃れ、自分で考えることのできるもう一つの『第二の脳』が人の体には存在します。

 

なんとそれが腸なのです。

 

脳の機能が完全に止まってしまうと、その支配下にある臓器は停止してしまいますが、生命維持装置などで血液の循環と呼吸さえ確保すれば、腸は脳から指令をもらわなくても、『必要な栄養を吸収し、不要なものは排出する』という自分自身の役割を、きちんと果たすことができると最近の研究で判明しています。

 

腸は『腸管神経叢』と呼ばれる独自の神経細胞ネットワークを持っていて、それは脳の中枢神経と同じ働きをします。

 

そのネットワークが腸自身に指令を出したり、情報を集めて処理したりしているのです。

 

そうしながら、自律神経のネットワークを通じて脳と情報をやりとりしており、支配関係にはなくとも深く関わり合っているため、自律神経を通じてその影響を受けてしまいます。

 

このような脳と腸の関係は『脳腸相関』と言われます。

 

また、鬱病と関わりがあるとして知られる脳内物質のセロトニンですが、実は体内の90%以上のセロトニンは腸に存在し、脳にはもともと全体の数%のセロトニンしかありません。

 

腸内のセロトニンは腸の動きに大きく関わっており、過敏性腸症候群(IBS)とも密接な関係にあるとされています。

 

ストレスが腸を不調にするしくみ

 

 

脳と腸はそれぞれに独立したネットワークを持ちながらも、自律神経のネットワークで互いにやりとりをしています。

 

自律神経には、『交感神経』と『副交感神経』の二種類があり、それぞれ逆の動きをしています。

 

  • 交感神経………活動時や興奮、緊張状態で優位になる、『動』の働き
  • 副交感神経……休息時やリラックス状態で優位になる、『静』の働き

 

実は、脳に支配された機能は交感神経が優位になっているほうが活動的なのですが、独自の神経ネットワークを持っている胃腸は、副交感神経が優位の時に活発になります。

 

ですがストレスがかかると、体は緊張状態になって交感神経が優位になります。

 

本来、自律神経は『起きて活動している時は交感神経が、入浴や睡眠時には副交感神経が』といった具合にお互いが交互に働くものなのですが、ストレスによる緊張が長く続くと交感神経ばかりが優位になり、バランスが崩壊してしまうのです。

 

ストレスにより自律神経が正常に機能しなくなると、腸管のセロトニン分泌が過剰になってしまい、その結果として腸が活発に動きすぎたり、けいれんを起こしてお通じの不具合を起こします。

 

この不具合が、人によって便秘だったり下痢だったりで、ストレス性便秘もその一つというわけです。

 

さらに、便秘などお通じの不具合で余計ストレスや不安が増し、症状が悪化してしまう悪循環も起こりがちです。

 

近年の研究で、過敏性腸症候群の人の多くが脳の機能にも異常を抱えていることがわかってきています。

 

ストレス性便秘になる人は、脳や腸が特に敏感とも言えますが、『試験の前に電車の中でおなかが痛くなった』『旅先で環境が変わったら便秘になった』など、ストレスを感じた時に排便の不調を感じたことのある人は、たくさんいるはずです。

 

一時的なストレスであっても、交感神経優位の時は胃腸の働きが鈍くなり、便秘を起こしやすいもの。

 

くれぐれも、たかがストレスとあなどってはいけません。

 

 

ストレス性便秘のトップへストレス性便秘の治し方へ

 

 

スポンサードリンク

ストレス性便秘は何故おきる?関連ページ

ストレス性便秘を治すためには
普通の便秘解消方法が通用しない便秘の種類の1つ、『ストレス性便秘(けいれん性便秘)』の治し方は?諸説有りますが一般的な見解をお伝えしてます。