妊娠中 便秘解消

【スポンサードリンク】

妊娠中に便秘になりやすい原因や便秘解消方法は?

妊娠中、便秘になり易いのはなぜ?

女性は便秘になりやすいと言われていますが、特に妊娠をきっかけに便秘になってしまう人も多いと言われています。

妊娠中の便秘は母体にとって非常に負担な上、放置しておくと腸内で生まれた有害物質が血液中に取り込まれ、赤ちゃんにも影響を与えかねません

 

また、切迫流産などの子宮収縮と便秘の際に起こる腸の収縮は感じかたが似ており、万が一の場合の判断を誤ってしまう危険もあるため、便秘対策はとても大切です。

妊娠すると便秘に悩む人が多い原因は?

それまで便秘になったことのない人でも、妊娠を機に便秘になることがあるのには、妊娠に伴う体の変化が大きな原因として挙げられます。

 

 

【原因:1】黄体ホルモンの分泌が増える

 

女性の生理は卵胞ホルモン黄体ホルモン、二つの女性ホルモンに支配されていますが、妊娠すると黄体ホルモンの分泌が増えます。

黄体ホルモンは『妊娠ホルモン』とも呼ばれ、妊娠状態を維持し流産を防ぐ働きがあり、妊娠初期と後期に活発に分泌されます。

ですが・・困ったことに、
黄体ホルモンには大腸の動きを抑える作用もあるのです。

 

これは、女性の体のしくみ上、避けられない原因です。

 

 

【原因:2】慢性的な運動不足

 

妊娠すると極端に眠くなることが増え、また赤ちゃんが成長しておなかが大きくなると、動くことがおっくうになり、妊娠中は慢性的に運動不足になりがちです。
運動量が減ると大腸への刺激も少なくなり、便秘になりやすくなります。

 

 

【原因:3】子宮が大きくなり内臓が圧迫される

 

妊娠中期から後期にかけ、赤ちゃんが成長していくにつれて子宮もどんどん大きくなっていきます。

大きくなった子宮はおなかの中で付近にある他の臓器を圧迫することになり、子宮の近くにある腸は大きな影響を受けてしまいます。

圧迫された腸はその部分だけが狭くなったり、動きが悪くなったりして便秘を引き起こすのです。
また、周辺の血管も圧迫されるため、下半身の血のめぐりが悪くなり、それがきっかけで痔になる人もいます。

痔になると排泄のたびに痛いので、ついトイレを我慢してしまいがちになり、便秘に繋がってしまうケースもあります。

 

 

【原因:4】つわりによる食生活の変化

 

妊婦さんにとってつわりは非常につらいもので、食の好みが変わったり、ひどい場合は食事がうまくとれないことも増えてきます。

食事の内容はお通じに大きな影響を与えるため、その変化が便秘の原因となることもあります。

食事がうまく取れないと、食べ物からとっていた分の水分がうまくとれず、水分不足になって便が固くなり、出にくくなってしまうこともあります。

 

以上の4つの原因から、妊娠中は特に便秘になりやすいのです。

 

ここからは、
妊娠中でも便秘になりにくいカラダの状態をたもつ方法をお伝えしていきますね。

 

妊娠中の便秘解消方法は?

赤ちゃんへの影響を考えると、その解消に安易に下剤には頼りたくないもの。
できるだけ下剤にたよらずに解消するには次のような方法があります。

【便秘解消法:1】食物繊維を積極的に摂取する

 

食物繊維は便の量を増やして大腸を刺激したり、便の中に水分をたくわえて便を柔らかくするなど、便秘解消には欠かせない存在です。

 

妊娠初期と中期以降では便秘になる理由も違ってくるため、摂取する食物繊維の種類に気をつけて、適度な量の食物繊維をとるよう心がけましょう。

黄体ホルモンの影響で腸の動きが悪くなる妊娠初期には、便の量を増やして腸を刺激できるように『不溶性食物繊維』を、腸が圧迫されて便がたまりやすい中期以降には、便を柔らかくする作用のある『水溶性食物繊維』を多めにとると良いでしょう。

 

 

【便秘解消法:2】乳酸菌、オリゴ糖を摂取する

 

スッキリしたお通じのためには、腸内の環境をより良い状態にしておくことが大事です。

 

腸内の善玉菌の代表ともいえる乳酸菌や、そのエサとなり乳酸菌の働きを助けるオリゴ糖を積極的にとって、腸内環境を整えましょう。

 

糖分の取りすぎが気になる人は、普段砂糖を使っているところをオリゴ糖に置き換えるなどしてはいかがでしょうか。

 

 

【便秘解消法:3】適度な運動を心がける

 

運動といっても、妊娠中ですからもちろん激しい運動はできません。

ウォーキングや家事で動き回る程度で十分ですので、ある程度体を動かすことを心がけておきましょう。

適度に体を動かすことは腸を刺激することになり、より排便しやすくなります。

あまり動きすぎると逆に負担になるため、自分の状態と相談しながら無理をせずに少しずつ動くようにしましょう。

妊娠中に適度な運動をと言われても困難かもしれませんが、ある程度の筋力や体力は維持しておかなければ、出産の時にあなた自身がとてもつらいおもいをしますので、便秘でなくても妊娠中に運動を欠かさないことは大切なことです。

 

 

【便秘解消法:4】朝起き抜けに一杯の水を飲む

 

朝起き抜けにコップ一杯程度の水を飲むことで、眠っていた胃や腸に刺激を与え、目覚めさせるきっかけになります。

水分補給は便秘解消に特に大切なこと!朝いちばんのお通じのために始めたい習慣ですね。

睡眠中にかいた汗で失われた水分の補給にもなりますよ。

以上の4つが特に妊娠中に効果が高い解消法ですが、

 

その他にも便秘解消の基本、

和食中心の食生活を3食きっちり決まった時間に食べること
早寝早起きなど、規則正しい生活リズムを保つこと
適度にカラダを動かすこと
ストレスをため込まず、リラックスできる時間をもつこと

 

を前提に妊娠中の生活に取り入れてみることをオススメします。

 

便秘で苦しむことなく、元気な赤ちゃんを出産してくださいね(*^_^*)

 

 

 

 

 

赤ちゃんの便秘についてへ妊娠中に処方される下剤へ

 

 

スポンサードリンク

妊娠中の便秘について関連ページ

最強の便秘解消方法は?
赤ちゃんの便秘について
便秘でポッコリお腹や肌荒れになるワケは?
ダイエットと下剤の悪循環について
慢性便秘になる原因は?
頑固な慢性便秘を解消するために知っておきたいこと
長年苦しめられている「頑固な慢性便秘」これが解消できたらどんなに幸せなんだろう。あなたがそんな便秘でお苦しみなら最低源、意識しておきたいことをお伝えしておりますので、ご確認してみてくださいね。
あなたの腸内環境は?
下痢に効果があるのは!?
宿便とは!?驚愕の真実
「腸に便がこびり付いている」そのことを『宿便』と言われて話題になりましたが、その真実を暴露しちゃいます!
長年わずらった便秘でも一発解消する方法が!?
長年悩まされている便秘もある方法をよういると一発で解消できるとのことですが・・
普通の便秘(弛緩性便秘)
便秘にはさまざまなタイプ(種類)があることはご存じですか?ここでは通常の便秘(弛緩性便秘)についてお伝えしております。是非ご確認してみてくださいね。
ストレス性便秘(けいれん性便秘)の詳細
普通の便秘解消方法が通用しない便秘の種類の1つ、『ストレス性便秘(けいれん性便秘)』についてお伝えしております。
スーパー便秘(直腸性便秘)について