腸内環境

【スポンサードリンク】

あなたの腸内環境は?便が伝えるメッセージ

便秘と腸内環境は深く関わりがあるものですが、自分で自分の腸の中を見ることはできませんよね。

 

ですが、便の状態をチェックすることで、腸の健康状態を把握することはできます。

 

『そんなにじっくり見るものでも……』

 

とお思いかもしれませんが、是非チェックするようにしましょう。

腸の状態チェック!

チェックその1【便の形と固さ】

まず、便の形と固さをチェックしてみましょう。

ウサギのフンのようにコロコロと固く、小さい便の人や、小さいコロコロ便が集まって固いソーセージ状になっている人は要注意

便は長いこと腸内に留まると、水分をどんどん吸収されて固くなっていきます。

腸の動きが鈍くなっている可能性があり、便秘の兆候が見られます。

 

逆に、固形物は含むけれど泥のように形にまとまりがなかったり、固形物が極端に少なく水状の便は、下痢を起こしています。

特に注意すべきは、便の中に血や粘膜が混ざっている場合。そのような時は大腸が何かの病気になっている可能性があるため、すみやかに病院で診てもらいましょう。

便がある程度固まっており、柔らかさも適度なら腸が健康な証拠です。

 

便の形や量、固さは食べ物やその時の体調でも大きく変化しますので、
普段からよくチェックしておくと異常が見つけやすいでしょう。

 

チェックその2【便の色】

便の色も食べ物によって変化しますが、一般的に黄色〜茶色の便は問題ない範囲とされています。

 

問題があるのは、赤や黒い便。これは内臓からの出血が疑われる、いわゆる血便です。

赤い便は直腸、S字結腸、肛門付近からの出血が、黒い便は、食道や胃、十二指腸といった肛門から遠い場所での出血が考えられます。

血便は消化器官の大きなSOSですので、早いうちに受診するようにしましょう。

 

チェックその3【便の回数】

普段意識していなければ意外と把握しにくいのが、便の回数です。

一般的に、毎日出るのが望ましいと思われがちですが、毎日出てさえいればいいというものでもありません。

逆に、二日に一度、三日に一度ほどの排便でも、そのサイクルで規則的に排便があって本人に特に苦痛がないようなら、取り立てて問題にすることもありません。

安全域と注意域は?

 

一日に1〜4回程度、または2〜3日に一度の範囲で不快感なく出せているなら大丈夫。
問題は一日の回数が多すぎる場合と、一週間に一度くらいしか出せない場合です。

お通じが少ない場合

まず、お通じが一週間に一回程度の人は、便秘傾向にあります。
一時的にそうなったとしても、その後回復すれば問題ないのですが、週に一度の状態が継続してしまう場合は改善したほうが良いと言えます。
食物繊維乳酸菌を積極的に摂取する、生活習慣の改善をする、運動を心がけるなど、できることから始めていきましょう。

お通じが多い場合

そして一日に5回以上排便がある人は、逆に下痢の傾向にあります。
便の形や色、血などが混じっていないか?をよくチェックして、おかしいと思ったら早めに受診して下さい。

あなたの腸の状態を実際にチェックしてみませんか?

 

 

 

 

 

慢性便秘の原因へ間違った便秘解消法へ

 

 

スポンサードリンク

あなたの腸内環境は?関連ページ

最強の便秘解消方法は?
妊娠中の便秘について
赤ちゃんの便秘について
便秘でポッコリお腹や肌荒れになるワケは?
ダイエットと下剤の悪循環について
慢性便秘になる原因は?
頑固な慢性便秘を解消するために知っておきたいこと
長年苦しめられている「頑固な慢性便秘」これが解消できたらどんなに幸せなんだろう。あなたがそんな便秘でお苦しみなら最低源、意識しておきたいことをお伝えしておりますので、ご確認してみてくださいね。
下痢に効果があるのは!?
宿便とは!?驚愕の真実
「腸に便がこびり付いている」そのことを『宿便』と言われて話題になりましたが、その真実を暴露しちゃいます!
長年わずらった便秘でも一発解消する方法が!?
長年悩まされている便秘もある方法をよういると一発で解消できるとのことですが・・
普通の便秘(弛緩性便秘)
便秘にはさまざまなタイプ(種類)があることはご存じですか?ここでは通常の便秘(弛緩性便秘)についてお伝えしております。是非ご確認してみてくださいね。
ストレス性便秘(けいれん性便秘)の詳細
普通の便秘解消方法が通用しない便秘の種類の1つ、『ストレス性便秘(けいれん性便秘)』についてお伝えしております。
スーパー便秘(直腸性便秘)について