下剤 便秘薬

【スポンサードリンク】

下剤(便秘薬)の服用や作用、副作用について

ここでは瀉下薬(便秘薬、下剤のこと)の作用(効果)や副作用(危険性)。

 

さらに、服用方法についての詳細をお伝えしております。

 

既に常用している場合は要チェックです!!

 

 

 

 

スポンサードリンク

下剤(便秘薬)について記事一覧

便秘の治療薬としてよく使われる下剤ですが、その効果により『刺激性下剤(アントラキノン系)』と『機械性下剤』に分類できます。刺激性下剤は腸に刺激を与えて排便をうながすタイプ、機械性下剤は便に働きかけ、便をやわらかくするなどして排出しやすくするタイプです。刺激性下剤の種類とその作用1、大腸刺激性下剤市販薬でもっとも多く使われているタイプです。大腸に刺激を与えて腸の動きを活性化させ、排便を促します。効果...
テレビCMなどでのお手軽さアピール、ピンクで可愛いイメージ、ドラッグストアでカンタンに手に入ること。などで身近な存在の便秘薬。もちろん、「本当に辛い時や苦しい時」を解消するためには心強いのですが・・・以下のような副作用があることは認知しておいてくださいね。便秘薬・下剤の主な副作用(※1)非常に激しい腹痛激しい腹痛に苦しめられることになります。(※2)下剤を飲んだ翌朝は激しいお腹の痛みで目が覚ますこ...
便秘に苦しむ人はどうしても即効性を求めて下剤に頼りがちですよね。ですが下剤に頼りすぎることは体にとって逆に負担となってしまうこともあるんです。その典型的な症状が『下剤依存症』です。下剤依存症とは!?下剤を使わなければ便意を感じることも排便もできない、一種の薬物依存で、主に大腸を刺激するタイプの下剤を乱用する人に多く見られます。重度の人になると一度に数十錠の下剤を飲まなければ排便できなくなったり、腹...
『便秘になっても市販の下剤(便秘薬)を使って治せばいい!』と思う人は少なくないでしょう。慢性便秘で苦しんでいる人の中には、愛用の下剤を自宅にストックしている人もいますよね。ですが、それは本当に正しい便秘解消法なのでしょうか?下剤は“ここぞ!”という時にだけ、正しく使ってこそ効果を存分に発揮できるものであり、頼りすぎると逆に便秘を悪化させてしまう、諸刃の剣(もろはのつるぎ)なのです。ハマると怖い!下...
ダイエットにはいろいろな方法がありますが、特に10代〜30代女性に多いのが・・・下剤や便秘薬で“無理やり出して”やせる方法【下剤ダイエット】特に運動や食事制限も必要ないからとっても楽ちん。苦労せずにやせられるのは魅力的ですものね。でも、続けることでカラダにどんな影響があるのか・・知っていますか?カラダへの影響については↓↓のページをご覧頂くことをオススメします。下剤(便秘薬)の副作用の詳細はこちら...
妊娠中の便秘で、いろんな改善策を試みたけど、どうしても出ない時は、お医者さんに相談して下剤を使うこともあるかと思います。デリケートな時期ですし薬を安全に使うためにも、病院でどんな下剤が処方されるのか?その特徴や作用、そして副作用などを知っておきましょう。産婦人科で処方される主な下剤(便秘薬)マグラックス(マグミット)妊娠中に処方されることの多い下剤の一つです。マグラックスとマグミットは作っている会...