便秘薬 下剤 副作用

【スポンサードリンク】

便秘薬・下剤の副作用とは?

テレビCMなどでのお手軽さアピール、ピンクで可愛いイメージ、ドラッグストアでカンタンに手に入ること。などで身近な存在の便秘薬

 

もちろん、
「本当に辛い時や苦しい時」
を解消するためには心強いのですが・・・

 

以下のような副作用があることは認知しておいてくださいね。

便秘薬・下剤の主な副作用(※1)

 

非常に激しい腹痛
激しい腹痛に苦しめられることになります。(※2)
下剤を飲んだ翌朝は激しいお腹の痛みで目が覚ますことに。。

 

 

ガマン出来ないほどのひどい下痢
ガマン出来ないほどの下痢に悩まされます。
飲んだ翌日は怖くて電車に乗れませんよ。

 

 

蓄積する腸のダメージ
腸に薬のダメージが蓄積され、腸の機能が衰えていきます。
大腸ガンなど恐ろしい病気に発展する可能性も。。(※3)

 

 

便秘がさらに重症化
健康な人も便秘になってしまいます。
便秘だった人はもっと重い便秘となってしまいます。。

 

 

手放せなくなる依存症
下剤(便秘薬)無しでは排便できなくなります
さらに量や種類を増やす泥沼にハマっていきます。。

 

※1: 一般的な便秘薬や下剤(大腸刺激性:アントラキノン系)の主な副作用。サプリや便秘茶などの健康食品も該当する成分を含んでいる品が多いので注意が必要です。
※2:その1、その2は初期の症状、その3以降の段階になるとカンタンに回復出来ないばかりか、ドンドン深刻化していきます。
※3:この他にも子宮収縮・腸閉塞・腸管穿孔など恐ろしい症状を引き起こす可能性があります。

 

以上のことから、健康な人はもちろん、便秘がちな人

 

出せたらいい

 

ダイエットのため

 

など、安易な気持ちで手に取ることはお止め下さい。

 

 

 

便秘薬が効果あるってことは“食物繊維の排出効果”もあるってこと、便秘もダイエットにも副作用がない食物繊維のサプリメントをオススメします!


 

 

 

 

 

安全性が気になる成分へ下剤ダイエットは危険?へ

 

 

スポンサードリンク