便秘解消法 間違い

【スポンサードリンク】

思い込みは危険!間違った便秘解消法とは?

『便秘になっても市販の下剤(便秘薬)を使って治せばいい!』と思う人は少なくないでしょう。

 

慢性便秘で苦しんでいる人の中には、愛用の下剤を自宅にストックしている人もいますよね。

 

ですが、それは本当に正しい便秘解消法なのでしょうか?

下剤は“ここぞ!”という時にだけ、正しく使ってこそ効果を存分に発揮できるものであり、頼りすぎると逆に便秘を悪化させてしまう、諸刃の剣(もろはのつるぎ)なのです。

 

ハマると怖い!下剤の無限ループ

 

便秘ぎみでも下剤を使えば問題なく出るから、仕事などで忙しく時間がないからと、下剤を服用する以外は、特に何の対策もしていない人は要注意です。

下剤を服用しはじめたばかりで効果があるのは、体が下剤の刺激に慣れていないから。

市販されている下剤の多くが刺激性下剤と呼ばれる、大腸を刺激して排便を促すタイプのものです。

刺激性下剤が腸に与える刺激は体にとって強いものなのですが、人の体は外的な刺激に慣れるようになっているため、ずっと下剤を使い続けるとだんだん規定量の刺激では足りなくなってきてしまいます。

 

いつもの量を飲んでも出ないとなると、いけないとわかっていてもついそれ以上飲んでしまう……それを繰り返すと必要な下剤の量はどんどん増すばかり。

結果、飲み出す以前よりも、余計に排便が難しくなってしまいます。

また、下剤を多用すると出ても下痢になってしまったり、出してもすっきりできずに体がだるかったり腰痛や冷えといった体調不良に悩むことも。

『出せないから下剤を使う』パターンを繰り返すうち、やがて下剤の強い刺激なしには便意を感じられなくなってしまいます。

 

この状態は下剤依存症と呼ばれるものです。
こうなってしまうと自力で治すことは難しく、病院で治療を受けることが賢明です。

 

出すために下剤を使って刺激する、やがて刺激に慣れてしまい規定量では出なくなって、それを出すためにさらに多くの下剤を使う……

 

いつの間にかハマってしまうこのループは、
一番便秘を悪化させる恐ろしいものなのです。

よくある下剤への誤解は?

下剤を使えば確かに排便は促され、便秘解消できたように思えます。

 

ですが下剤は決して
『腸内環境そのものをよくする薬では無い』
ということを、肝に銘じておきましょう。

 

下剤はあくまでも、便秘解消のための“一時的な”補助の役割をしてくれるものであり、
自力ですっきり排便できるようになるには、
便秘の原因そのものを突き止めて対策する必要があります。

本当の便秘解消をするためには

 

腸内環境の乱れを整える
規則正しい食事をする
食事内容を見直す
排便の習慣をつける

 

など、下剤を使う以外にやるべきことはたくさんあります。
逆にそれらを改善しなければ、いくら下剤を飲もうと
根本的な便秘の解消はできないと言えます。

下剤を使うときに注意すべきことは?

下剤を使用する時に最低限、気をつけたいのが、
【1】:長期服用しないこと
【2】:勝手に規定量以上を服用しないこと
です。

 

特に刺激性下剤を長期に渡って服用してしまうと、前述の下剤依存症のほか、大腸の壁に色素が沈着して腸の機能が低下する『大腸メラノーシスを引き起こすこともあります。

また、市販の便秘薬の多くが刺激性下剤ですが、便秘のタイプによっては刺激性下剤が合わないこともあります。

 

既に下剤依存症になってしまっている方はもちろん、そうではない方も、
『下剤が効かない!?』『なんだかおかしいな?』と感じたら、
『たかが便秘で!?』とあなどらず、病院にかかることも検討してみてください。

 

 

合わせてこちらの診断ツールで、
あなたの状態をチェックしてみてはいかがでしょう?

 

⇒ 便秘診断ツールはこちら

 

 

 

 

最強の便秘解消法へダイエットと下剤の悪循環へ

 

 

スポンサードリンク