便秘解消 比較

【スポンサードリンク】

厳選・便秘解消117アイテム比較:101〜117品

ここでは便秘解消品101〜117品までご紹介しております。
ここでは主な市販の便秘薬(下剤)と処方される便秘薬(下剤)をご紹介してます。それぞれの効果や注意点に関してご確認ください。

便秘解消品一覧:101〜117

 

 

 

スルーラックS

スルーラックSは第2類医薬品の錠剤便秘薬です。スルーラックSの主な成分はビサコジル・センノサイドカルシウム(センノシドA,B※センナ由来の成分)、瀉下(しゃげ)薬の分類は大腸刺激性下剤(アントラキノン系)となります。摂取仕方は1日1回、就寝前か食間に1〜3錠を水か白湯で服用。可愛らしいパッケージ、イメージキャラクターのリカちゃんから親しみやすい印象を受けますが、他の大腸刺激性下剤と比べても非常に強力ですので、「ここぞ!」という時以外は服用しないのが無難です。

便秘解消効果 よほど頑固な便秘でなければ数時間〜翌朝には体感
安全性 15歳未満、体調が優れない人、妊娠中は服用禁止
口コミ評判

 

 

 

 

スルーラックプラス

スルーラックプラスは第2類医薬品の錠剤便秘薬です。主な成分はスルーラックSと同じビサコジル・センノサイドカルシウムに加え、ジオクチルソジウムスルホサクシネート(通称DSS:塩類下剤の成分)が配合されており、大腸刺激性下剤+塩類下剤の効果(腸の蠕動(ぜんどう)運動を起こしつつ便の水分量を増やし排便しやすくする効果)があります。摂取仕方は1日1回、就寝前か食間に1〜3錠を水、またはぬるま湯で服用。スルーラックプラスはスルーラックSと比べ、センノシドA,Bの量が少ない分、(Sと比べて)効果は緩いと考えられますが・・常用しないこと、規定量を守ることを意識してください。

便秘解消効果 ほとんどの人は翌朝には体感
安全性 15歳以下・妊娠中(授乳中含む)服用禁止
口コミ評判

 

 

 

 

スルーラックデトファイバー

スルーラックデトファイバーは食物繊維が配合された第2類医薬品の顆粒状便秘薬で、マンゴー風味のスルーラックデトファイバーMもラインナップされています。主な成分は食物繊維のプランタゴ・オバタ種皮末、アロエエキス、センノサイドカルシウム((センノシドA,B)、ジュウヤク末(ドクダミ)、瀉下(しゃげ)薬の分類としては大腸刺激性下剤で、食物繊維の働きで便の嵩(カサ)を増しつつセンノシド、アロエエキスが腸の蠕動運動を促すことで排便に導きます。(※便秘の副作:用肌荒れの改善効果も含む)摂り方は1日1回〜2回、空腹時に約180mlの水かぬるま湯で服用。スルーラックデトファイバーは「S」や「プラス」と比べ、“比較的”緩やかな効果ですが、副作用がありますのでくれぐれも常用はおやめ下さい。

便秘解消効果 軽い症状なら6〜8時間で体感
安全性 体調が優れない人は注意が必要なこと、妊娠中・15才未満服用禁止
口コミ評判

 

 

 

 

ウィズワンα

ウィズワンαは第2類医薬品の顆粒状植物性便秘薬です。主な成分は食物繊維のプランタゴ・オバタ種皮末、センノシド(センノシドA,B)、ヨクイニンエキス(ハトムギの種子)、瀉下薬としては上記のスルーラックデトファイバーと同じく便のカサを増しつつ腸の蠕動運動を促し排便に導く効果があります。(※便秘の副作:用肌荒れの改善効果も含む)摂り方は様子をみつつ1日1回〜3回、空腹時に約180mlの水かぬるま湯で服用。ウィズワンαは大腸刺激性下剤(アントラキノン系)の中では効果は緩い(おだやかな)方ですが、規定量は守って常用しないことが大切です。

便秘解消効果 便秘の程度によりますが半日ほどから体感
安全性 妊娠中・7歳未満服用不可
口コミ評判

 

 

 

 

新ウィズワン

新ウィズワンは第2類医薬品の顆粒状植物性便秘薬です。主な成分は食物繊維のプランタゴ・オバタ種皮末、センノシド(センノシドA,B)、カスカラサグラダ乾燥エキス(クロウメモドキ科の樹皮・緩下薬)、瀉下薬としてはプランタゴ・オバタの働きで便のカサを増し、センノシド、カスカラサグラダ乾燥エキスの作用で腸の蠕動(ぜんどう)運動を促し排便に導きます。摂り方は様子をみつつ1日1回〜3回、食後に約180mlの水かぬるま湯で服用。新ウィズワンは、上記の「ウィズワンα」よりさらに穏やかな効果ですが・・薬は薬、常用しないこと、規定量は守ることが大切です。

便秘解消効果 早ければ翌朝に体感
安全性 妊娠中は注意が必要、授乳中・3歳未満は服用禁止
口コミ評判

 

 

 

 

コーラックU

コーラックUは第2類医薬品の錠剤便秘薬です。主な成分はビサコジルジオクチルソジウムスルホサクシネート(DSS※詳細はスルーラックプラスを参照)で、大腸刺激性下剤+塩類下剤の効果で排便に導きます。服用仕方は1日1回、就寝前、または空腹時に1〜3錠を水かぬるま湯で服用。コーラックUに限らずコーラックシリーズはよくドラッグストアの目立つところに並んでいることからも、手にする人が多いと思える便秘薬ですが・・数ある瀉下薬(便秘薬・下剤のこと)の中でも強力な部類ですので、用法を守り常用しないことが大切です。

便秘解消効果 効果
安全性 妊娠中(授乳中含む)、11歳未満・服用禁止
口コミ評判

 

 

 

 

コーラックファースト

コーラックファーストは第2類医薬品の錠剤便秘薬です。主な成分は上記のコーラックUと同じくビサコジルジオクチルソジウムスルホサクシネート(DSS※詳細はスルーラックプラスを参照)ですが、その違いは大腸を刺激する「ビサコジル」の量がコーラックUと比べ“1錠辺り半分なこと”そのことから状態に合わせて量の調整がしやすく、腹痛に悩まされにくくなったのが特徴です。服用方法は1日1回、就寝前か空腹時に1〜4錠を水、またはぬるま湯で服用。コーラックUと比べれば扱い易くなってますが、瀉下薬として緩いワケではありませんので、摂取量と常用することに関してはお気を付けくださいね。

便秘解消効果 通常は翌朝に体感〜
安全性 妊娠中・授乳中・11歳未満服用禁止
口コミ評判 新品のため統計はまだ取れませんが効果はコーラックUに準じます

 

 

 

 

コーラックファイバー

コーラックファイバーは第2類医薬品の顆粒状便秘薬です。主な成分は食物繊維のプランタゴ・オバタ種皮、センノシド・カルシウム(センノシドA,B)、ケツメイシ乾燥エキス。瀉下薬の働きはプランタゴ・オバタの食物繊維によって便のカサを増し、センノシド・カルシウム、ケツメイシ乾燥エキスの作用で腸の蠕動運動を促すことで排便へと導きます。服用仕方は1日2回、朝食前、夕食前(または食間)に1〜2包を水か白湯で服用。大腸刺激性下剤(アントラキノン系)としてコーラックファーストよりも穏やかな効果ではありますが、副作用が少なからず有る事。そして便秘のタイプによって食物繊維が逆効果になることも注意が必要です。

便秘解消効果 通常は翌朝には体感
安全性 15歳未満・体調が万全ではない状態(妊娠中等)服用不可
口コミ評判

 

 

 

 

新ビオフェルミンS

新ビオフェルミンSは指定医薬部外品の錠剤便秘薬です(顆粒状もあり)。主な成分はコンク・ビフィズス菌末、コンク・フェーカリス菌末、コンク・アシドフィルス菌末、トウモロコシデンプン、デキストリン、など。摂取方法は1日3回、食後に2〜3錠を服用(特に水でなくてもよい)。新ビオフェルミンSは成分からも分かる通り、瀉下薬というよりは健康食品に近い整腸薬です。効果が体感できるまで非常に時間が掛かるぶん、副作用は人によってお腹が緩くなる程度※他の瀉下薬のように排便するための効果は無いとお考えください。

便秘解消効果 非常に緩やか
安全性 5歳未満服用不可(妊娠中・授乳中は医師に要相談)
口コミ評判

 

 

 

 

タケダ漢方便秘薬

タケダ漢方便秘薬は第2類医薬品の錠剤便秘薬です。タケダ漢方便秘薬はその名のとおり漢方処方「大黄甘草湯(だいおうかんぞうとう)」で生成された便秘薬で主な成分は大黄(ダイオウ)、甘草(かんぞう)です。瀉下(しゃげ)薬の分類は大腸刺激性となります。摂り方は1日1回就寝前に半錠〜4錠を水、またはぬるま湯で服用。漢方薬はに薬として緩やかな印象を持っている人が多いのですが、排便効果、副作用とも他の瀉下薬より控えめというワケではありませんのでくれぐれも注意が必要です。

便秘解消効果 早ければ翌朝には体感
安全性 5歳未満服用禁止・妊娠中など体調に変化のある人は医師に相談
口コミ評判

 

 

 

 

3Aマグネシア

3Aマグネシアは第3類医薬品の錠剤便秘薬です。主な成分は酸化マグネシウム。効果は酸化マグネシウムが便の水分量を増やすことで、便を柔らかくして排便しやすくしてくれます。瀉下薬としては塩類系下剤に分類されます。摂取方法は1日1回就寝前にコップ1杯の水(約180ml)で1〜6錠を服用。効果は緩やかな分、副作用が少なく、依存症になりにくいところがポイントです。※酸化マグネシウムが腎臓に負担をかけるため腎臓に問題がある人は注意が必要です。

便秘解消効果 早ければ翌朝から体感
安全性 5歳未満服用不可・妊娠中は要:相談
口コミ評判

 

 

 

 

イチジク浣腸

イチジク浣腸は第2類医薬品の排便浣腸です。主な成分は日局グリセリン。グリセリンが排便を促します。イチジク浣腸のシリーズには1歳以上6歳未満の乳幼児に向けた「イチジク浣腸10」、6歳以上12歳未満の小児に向けた「イチジク浣腸20」、12歳以上一般向けの「イチジク浣腸30」、OTC医薬品:最大容量40gの「イチジク浣腸40」、ロングノズルで介護に便利な「イチジク浣腸30E・イチジク浣腸40E」、使いやすさを重視したソフト容器の「イチジク浣腸楽おし30」と各年齢や用途に合わせラインナップされています。
浣腸は「腸内リセット法」を実施する際に有効な手段ですが、慣れてしまう可能性があることと、最大の副作用・・というよりも危険性として直腸を傷つけてしまう可能性があるため注意が必要です。

便秘解消効果 通常は数分で便意をもよおします
安全性 年齢に合わせた品を選ぶこと・常用しないこと(妊娠中は医師に相談)
口コミ評判

 

 

 

 

コトブキ浣腸

コトブキ浣腸は第2類医薬品の排便浣腸です。成分や効果は上記のイチジク浣腸と同様です。コトブキ浣腸のシリーズには使いやすさを重視した「ひとおし」、1歳〜5歳までの乳幼児向け「コトブキ浣腸10」、6歳〜11歳小児向け「コトブキ浣腸20」一般的な「コトブキ浣腸30」、増量タイプの「コトブキ浣腸40」、ノズルが長く介護などで便利な「コトブキ浣腸L40」と年齢や状態に合わせてラインナップされています。注意事項に関しましても上記のイチジク浣腸と同様の注意が必要です。

便秘解消効果 便が直腸まで降りてきていれば数分
安全性 年齢に合わせた品を選ぶこと・常用しないこと(妊娠中は医師に相談)
口コミ評判

 

 

 

 

アローゼン

アローゼンは医師の診断によって処方される“処方薬”でOTC医薬品(一般の医薬品)としての分類は先発品の顆粒状下剤です。アローゼンの主な成分はセンノシド、センナ、センナジツ。服用方法は1日1回就寝前に水、またはぬるま湯で服用(コップ2、3杯が理想)。瀉下(しゃげ)薬の分類は大腸刺激性下剤(アントラキノン系)です。市販の便秘薬と比較し、とりわけ効果や副作用(副作用については「センナ」の項目をご参照ください)がきついワケではありませんが、処方時の支持に従うことが大切です。※妊娠中も医師の判断によって処方される場合がありますが基本は妊娠中服用禁止です。

便秘解消効果 翌朝(8〜12時間後)
安全性 処方箋に従うこと
口コミ評判

 

 

 

 

プルゼニド

プルゼニドは医師の診断によって処方される“処方薬”でOTC医薬品(一般の医薬品)としての分類は先発品の錠剤下剤です。プルゼニドの主な成分はセンノシド(センノシドA,B)。服用方法は1日1回就寝前に水、またはぬるま湯で1〜4錠を服用(コップ2、3杯が理想 ※1日2回は不可)。瀉下(しゃげ)薬の分類は大腸刺激性下剤(アントラキノン系)で、大腸の粘膜を刺激することで蠕動(ぜんどう)運動を促し排便へ導きます。処方箋無しで入手出来るドラッグストアも存在しますが・・強力な分、市販薬以上に注意が必要です。副作用については「センナ」の項目をご参照ください。※妊娠中も医師の判断によって処方される場合がありますが基本は妊娠中服用禁止です。

便秘解消効果 6,7時間〜
安全性 処方箋に従うこと
口コミ評判

 

 

マグミット(マグラックス)

マグミットとマグラックスは医師の診断によって処方される“処方薬”でOTC医薬品(一般の医薬品)としての分類はジェネリックの錠剤下剤です。主な成分は酸化マグネシウムで、瀉下(しゃげ)薬の分類は塩類下剤、便の水分量を増やすことで排便へと導きます。服用方法は1日3回食前か食後、または1日1回就寝前に規定量を服用※処方箋に従って服用してください マグミットとマグラックスの違いはメーカーが異なるだけで成分や効果に違いはありませんマグミット(マグラックス)は副作用が少ないことから妊娠中に処方されることが多い下剤ですが、腎臓に負担をかけること、他の薬との併用や体調の変化に注意が必要です。

便秘解消効果 1日〜3日継続後
安全性 緩やかですが処方箋に従うこと
口コミ評判

 

 

 

 

ラキソベロン

ラキソベロンは医師の診断によって処方される“処方薬”でOTC医薬品(一般の医薬品)としての分類は先発品の錠剤・液状の2タイプがある下剤です。ラキソベロンの主な成分はピコスルファートナトリウム水和物で、瀉下(しゃげ)薬の分類は大腸刺激性下剤です。服用方法は1日1回就寝前に規定量を水、ぬるま湯で服用(液状の場合は水に溶いて服用)。ラキソベロンの成分はセンナやビサコジルと比べ、効果が緩やかなことから上記のマグミット(マグラックス)と同様、妊婦さんに処方されることの多い下剤ですが、緩やかだからといって規定量を破って大量に摂取して良いわけではありません。

便秘解消効果 早ければ翌朝〜
安全性 他の下剤と比べ副作用は少ないですが処方箋に従うこと
口コミ評判

 

 

 

以上、
数々の便秘解消品の中から厳選して117品の特徴をピックアップしてきましたが、
本当に便秘を解消するための品その時限りの品があることが、おわかり頂けたのではないでしょうか?

もちろん、便秘薬や下剤などの瀉下(しゃげ)薬やそれに準ずる品も本当に辛い状態を解消するためには有効です。

あなたが便秘の悩みから解放されるためには
「今、この苦しみを解放してほしい!」
と思える時にだけ瀉下(しゃげ)薬やそれに準ずる品の力を借り、
日頃は腸内環境を改善するための食生活や生活習慣の改善を意識して実践すること。

 

そのサポートとして腸内環境効果の期待出来る品を常用していくのが一番の近道です。

 

 

 

 

 

スポンサードリンク